解凍装置メーカーをご紹介

山本ビニター株式会社について紹介していきます。

山本ビニター株式会社は昭和28年3月1日創立歴史のある企業で、従業員数は130名、資本金は八千五百万円、大阪市天王寺区に本社を置き、東京名古屋に営業所を構え、事業内容としては高周波応用機械の製造販売や医療機器の製造販売、それから家庭日用品などの製造販売も行っており、様々な分野の製造業界においての事業を支える工業機械の製造販売を行っています。

この企業が開発している装置は、冷凍装置ではなく解凍装置です。

急速冷凍機のことをお知りになりたい方にとって、解凍機メーカーの紹介となると少し肩をすかされたような気がするかもしれませんが、冷凍技術と解凍技術というのはセットで考える必要があります。

というのは、冷凍技術を考えるときに、単純に高速でスピーディーに冷凍するというだけでなく、いかにドリップロスを減らしていくかといことは、食品冷凍保存においての課題であるからです。

今回急速冷凍機メーカーでなく、解凍機メーカーをご紹介したのは、冷凍技術を考える上でこういったことが課題であるということを知って頂きたかったからです。

山本ビニター株式会社の製造・販売するテンパトロンという解凍装置は、高周波の優れた内部加熱特性を生かされており、ドリップロスを最小限に抑えてくれます。

食品をいかに迅速に冷凍するかだけでなく、食品本来の品質をいかにして保持して行くか。これが食品加工業などの業態における課題です。