急速冷凍機メーカーを取り上げて行きます!

このブログでは有名な急速冷凍機メーカーを取り上げて行きます。

まず今回は株式会社東洋製作所についてご紹介していきたいと思います。

株式会社東洋製作所は1952年に設立された企業でして、資本金は23億円、代表取締役社長は黒川英樹です。

本社を神奈川に置き、関西支社、東京本店、北海道支店、東北支店、中部支店、九州支店など主要都市に視点を置いています。

また営業所としては盛岡営業所、筑波営業所、宇都宮営業所、北関東営業所、千葉営業所、西東京営業所、神奈川営業所、京都営業所、神戸営業所、金沢営業所、四国営業所、広島営業所、米子出張所と全国各地に営業所があります。

またそれ以外には神奈川県に大和研究所と大和工場があります。

これだけ全国に多くの拠点を持つ企業ですが、この株式会社東洋製作所は、冷熱エンジニアリングの高度利用を目的として、三菱重工業株式会社と株式会社ニチレイの共同出資によって、1952年(昭和27年)2月に設立されており、冷熱プラントエンジニアリング事業に強い企業です。

この事業としては、冷却・冷凍・冷蔵機器などの設備開発、苦情関連機器・設備などの開発、局所冷房機、自然環境再現機器及び設備の開発などを行っております。

例えばレジャー施設においては、人工造雪設備や人口降雪装置などの開発に役立てられています。

また食品プラントなどで役立てられているのが、スパイラルフリーザーです。

処理能力のわりに、比較的小スペースに設置することが可能ですし、製造ラインに合わすて自在にレイアウトを構成することができます。

またムラなく高速に凍結作業が行えますので、業務効率の向上にもつながりますし、冷気漏れをシャットアウトしてくれるため、電力消費量も抑えられるので、大幅にコストダウンを図ることができます。

また衛生面にも最大限に配慮しているため、食品加工における様々なリスクを抑えることができます。